--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les Misérables

2012年06月04日 01:17

「人間」であるが故の悲しみ

「存在」であるが故の痛み

そのどちらとも次元を別にしたもの


現世に現を抜かすも良し

学ぶべきものは多い

それでも決して囚われ過ぎてはいけない

それらに視線を逸らされるようなことはあってはならない






超越され得るもの

ひとつも掴む必要ない

そしてその全てが

「大切」なもの

存在


手からすり抜けたとて

死ぬほど焦がれるものでもない

執着は

捨てていく


執着がなくても

導くものがある















*勿論、人間である以上、人間としての生から外れるつもりはありませんし

存在から脱することはできません。

でもそのどちらの枠よりも更に外側(細かいことをいえば、更に自分の内側)にあるものの話をしました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/676-68ce642c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。