--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年05月24日 15:56

白く

あまりにも白く輝く水鳥が

流れていないかのように穏やかな

川を低空でゆく


嘘のように

動きを作り出すように

風を纏い

現実を

この素晴らしき感性界の上に立つ
つまらないほどに広大な世界を

わずかに切り裂いて



そして
優雅に

水面か空気の層かわからないほど

曖昧な上に立ち

長く黎いその嘴で

水と戯れる



彼は魂そのものだったろう

俗世に束縛されることのない純粋な光
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/674-7bfad910
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。