--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己責任

2012年01月07日 02:50

なるほど。

別に誰を信じてないとか

そういうわけじゃないけれど


例えば遠くてどんなに泣き叫んだって

どんなに絶望して動けなくたって

誰も助けてくれない状況っていうのはあるわけだ


そのとき

誰が自分を守るかって言ったら

自分しかいない


誰かのことは心配するし、めちゃめちゃ不安だけど

その人も「絶対大丈夫だ」って

もしくはその人に「あの人なら大丈夫だ」って

信じられるように。

信じてもらえるように。


飼われてるわけでも

保証書付で選んでもらったわけでも

不死身なわけでも

ない

ないんだ


だったらどうするか。

自己責任。

信頼を支えるひとつの基盤になり得る要素だと思った。



なんて今更。

でも

まずそこまで行こ。



だって、もう既に、もしかしたら僕は

自分の、或いは、自分の見ている世界の

終わりのボタンを押してしまっているのかも知れないから



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/659-3320bbed
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。