--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WoNDeRLaNDHoLiC

2011年09月28日 16:39

私は一瞬の中にだけ存在する放浪者

誰にも掴めない

泉に映った虚像のよう



何故なら私は常に旅をしているのです

人形にも魂は宿る

それは創世の原初に描かれているとおり




詩から詩へ

音から音へ

流れるような動きのひとつひとつから次の動きへ

絵から絵へ

舞台から舞台へ

枠から枠へ


旅から旅へ

扉から扉へ

世界から世界へ


名前を変え

身体を変え

憑代を変え

媒体を変え

本質を変え

ひとつひとつ

パズルのピースを落としながら。


そのひとつひとつを拾い集める人など終ぞいないでしょう

集め終わった瞬間にも

もう私は次の場所へ旅を始めている

私は此処に居ても

もう其処には居ないのです


逃げるなんてとんでもない

わからないだけです

だから理由なんて必要がない

元から理由は存在しないのだから。


あなたがその目に捉えた私はどの私なのでしょう?

全部私の一部でも

全部私ではない


その森で見つけた人形に

私をみたのなら

それは紛れもなく私だったでしょう

あなたはそのときに私を鎖で縛り付けておくべきでした

運命は廻ります

時も廻る

地球儀がまわるのだから

あらゆるものが捩れた円環の中で回り続けてどこかで再び終わり再び始まる


時計の振り子は往っては復来る


でも歯車から外れ

その歪なカラクリから逸脱した私は

そのルールに囚われることがない


あなたの心に残る私は幽霊

あなたが触れた私は人形



今私は

此処にいる

誰にでも

「わかれば」

触れることも

捕まえることも

簡単だと思います


そのとき私が

「逃げる」隙を

あなたが与えさえしなければ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/626-d225252b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。