--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すろう

2011年07月13日 03:21

泡がぽつり

何もない部屋に浮いている

もう少し自分が退いて

視野を広げてみたら人がいて

表情は凍りついてるのに
髪は風もないのに前になびいている

退がってわかったんだけど

浮いていた泡は

キミの目から溢れた一滴で

キミは後ろに向かって倒れ始めていて

ゆっくりと

時計の短針よりもゆっくりとでも確実に

床に吸い寄せられるように

向かっていってる

その先は何もなくて

闇かと思ってたんだけどどちらかというと虚ろ

闇なら振り払えば見えるかも知れないのに

どこまで堕ちるんだろう

そちらを見てたらキミはもういなくて

泡がぽつり

何もない部屋に浮かんでて

視野を広げてみたら

キミはちゃんといて

それでも確実に…



その先は

視界が真っ暗になって



わからない。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/618-eb4418a2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。