--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の音楽『Re:』

2011年02月15日 23:45

沢山の

星の軌跡にのって

心は風船のように膨らんで

気球のように飛んで行く

僕を乗せて。


風を感じて

星たちのオーケストラ

鳥たちのハミング

月の語り部の物語を聞いて。

世界中を観るの!


地上と空は反転

どっちが上で

どっちが下?

わくわくが止まらない。


沈むことなく

溺れることなく

ありのまま

掴めないものを掴んで

雲を吸い込んでみたりして。


どこまでも進むよ

僕らが望む限り。

どこまでも

最果ては、ないよ。

僕らを乗せて

どこまでも行く。


だから見て。

感じて。

聴いて。

味わって。

嗅いで。

抱きしめてみて。


ありのまま全てを。

自分のありのまま全てで。


そうしたら今度は

青空が開けてくるよ。

いくつもの夜と

いくつもの朝を越えて。


どこまでも透明になって。

溶けるように。



鳥たちのハミングを覚えたら

今度は僕たちが歌う番だよ!

星たちも聴きたがっている

僕たちの、

音。

僕たちの、

声。

僕たちの、

鼓動。









僕たちだけの

歌!





眠くなったら、おやすみなさいな

ちゃんと物語は

続くよ。

あなただけの、為に。

歌は止まらないよ。

あなただけの、為に。

だから恐れないで。

いつも

いつの日も

ここに

いるからね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/599-51b1c2c0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。