--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの尺度

2010年12月24日 02:41

馬鹿馬鹿しい

どこまでおめでたい頭を持っているんだい

金があればシアワセ?

自分が満たされていればシアワセかい。

実に
不愉快だ。

幸せの尺度を作るというのなら

あなた方は個人個人それぞれ一人一人と

絆を結ばなければならない

狂気の沙汰だ

大体

人を不幸にしてる人たちに

幸せなんか測れない


そのシステムを

その世界を創って

操ってる人たちには

人の幸せなんて

わからんのです

あなた方が幸せについてできることと言ったら

「幸せ」というものはこういうものですよ、って

植えつけて

一般だとか

普通だとか

そんなものでまた本当の豊かさを奪って

洗脳することくらいでしょうね。

効率化。

素晴らしいね。

人の持ち物を均一化して

まとめやすくするつもり?




あなた方が見るべきところは

もっと別にある


日本の「らしさ」はどこにいったのです?

いつから幸せ=豊かさだったり

幸せ=快楽というような

世界になったのです?

国というシステムそのものが

利益の追求をし始めたその瞬間から

争いは起き

競争は起き

勝敗は起き

地球を外側から見たときにはその目に映らないはずの

国境を

境界を

生み出しているんだ


もう残された道は

滅びか

改心しかない

己の利益に溺れて

変化を望まない人間がいる限りは

滅び行くだけです

世界は

身勝手のせいで

滅びるのです。




もうたくさん。

たくさんだよ。

人が世界を見る目は狭くなってしまった。

人が世界を知ろうとする意識は限られてしまった。

人はもう外には出られないところまできてしまった。

今気付いても

今更すぎる。


人が作り出した世界の中で生まれ

人が作り出した世界の中で育ったなら

水槽の中で意図的に生み出された「いきもの」と同じ。

世界はその中でしかないんだ。生かされた命。

生きてるんじゃない。

きみが本当に美しいな、と感じるものは

この世界の外にあるもので

それを人間がいいように利用したものを

見ているに過ぎない。

それでも

感じる心は

自らの内にあるものであり

外の世界のことも多分知っている。

あとは

鍵の存在と

信じる心、

それと

自ら開く力が必要だ。




僕は

変化を望む。

こんな世界では満足しない。

幸せを求めるなら

僕の生がある内でなくてもいい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/586-aeca8af5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。