--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S

2010年08月18日 01:45

Iは歪んでSに

そんなことなかった

自分は歪んでも


結局自分だった。


どこまでも逃げられない。

自分は自分でしかなくて

醜くて

取り繕って。

そんな

ごく当たり前の

どこにでもいる

人間。

の一人。






人間やめたい!なんて言っても

やめられない。

自分やめたい!なんて叫んでみても

やめらんないんよ。




この

自分の嘔吐いた言葉で黒く濁った泥沼にて

私はずっと引き上げられるのを待っている?

違う


最早そんなものを待っているのではなくて

私が待っているのは


一瞬の光。



たとえここから引き上げられたとしても

一瞬のその光が見れたら

それが例え夢幻でも

もう

そこに残す生はどこにもなくていい。

全部。

全部を其処に捧げてもいい。



もう自分が全部なくなって

抜け殻のようになって

1滴残らず全て搾り取られても

その場所から掬い上げられて

盲になった目にその光を受信したのなら

もう次の瞬間には

この世から消えていてもいい。


早う

誰か

私の望みが叶う前に

違う

私の望みは叶っていい

ただ

己の願いは決して叶わなくていい

だから

誰か

私の喉を掴んで

そのまま

締め上げて

潰して

息の根を止めて

ください。


そうしたら

私の亡骸は

その誰かに

笑って

拾ってもらえたら。


そこにもう

私はいないのだろうけれど。


黄昏の岸辺で

罪の数だけ

紅に染まった華を折って

そうしたら

夢の世界に飛びたてますか。


そうでなければ

もうこの手を斬り捨てて

このまま静かに

穏やかな笑顔に

生暖かい泪を流したまま

このまま静かに

ひっそりと

誰にも気づかれずに

眠りたい

ただ



眠りにつきたい
スポンサーサイト


コメント

  1. さおり | URL | /vFwZZjc

    毎日死にたいと思ってもいいと思う。

    朝が来なければって願うのに、朝が来ることを恨めばいい。


    私は目が覚めたから、『生きろ』って言われているんだなって。

    じゃあ、取り敢えず今日は生きて、出来ることをしようって思ってる。


    きっと一生治らないんじゃないかな。

    私とかと同じで。

    そんなの沢山いるもんで。


    目が覚めたなら、生きればいいよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/552-422726ec
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。