--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一羽の

2010年06月16日 03:59

鴉は雨に今も震えているのだろうか

あの鴉は自分自身だったのかも知れない

心はまだ生きている

言葉を受けとめられる

壊れてはいない

欠陥ではあるにしても













雨の音がする

外も

内も

寒い

寒くて暗い



心は今降り頻る雨に似て

雲のその上を望むことは出来ない

もう最早麻痺して

悲しむことすら忘れている

ボクは二回目の経験だ



この心に













冷たい冷たい雨が降る



そして

時は同じくではなく






二回目だ







ここまで心を麻痺させるのは
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/516-4f91ca26
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。