--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年03月17日 04:34

鍵は

すぐそこにあった

こんなにも簡単に

一歩

本当に一歩踏み出しただけで

失ったものの一部を取り戻した

その箱は
パンドラの箱?
それでもいい
悲劇など、そこにはないの


闇から生まれていく一条の光

私はその光をただただ目で追って
見えなくなるのを待つのか

なんて愚かな旅人だろう!

私は
感性の旅人

光がすさまじい速さで
見えない靄を輝かしい希望で晴らしながら進むのならば
私もそれをすさまじい速さで追いかける

そしてまた
星々の昔話を聞きに行くんだ!

今度は森の木々や
川のせせらぎ
もっともっと自分の知らない世界と
たくさん話をしたいな

私は感性の旅人
この手で素敵な未来を作る

今日も空飛ぶ靴で
羽を一枚一枚

探してまわる

新たな発見と

新たな世界が

私をつき動かすんだ!

世界は

未来は

自分次第!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/453-a839433e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。