--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かの

2010年02月26日 01:58

なんか

誰かの口調だとか

ちょっとした癖だとか

色々

気づいたら自分がやってることがあったりする

変な訛りだとか

表情だとか

話の組み立て方

仕草

呼吸

まぁ本当に色々。


自分はそういうことがすごく多くて

もともとベースの自分がどこにあるのかわからないくらい

自分が何なのか(もしくは何だったのか)で悩んだりもしたことがありまして…あ、今日は脱線が早いなぅ。まずいっ。

やっぱり限りある時間の中を生きるボクたちは儚い。

だからもしかしたら

本当にそれが真理か、なんてことはわからないけれどもしかしたら

もう戻れないあの瞬間だとか

もう出会えない人だとか


来世やら死後の世界があったとしたら

そういう 「次」 には持っていくことのできない様々なモノを

忘れないように、忘れないように

決して忘れたくないから

心も、体も

必死に染み付けて刻みつけているように感じました。

本当に様々なことが

この心では

この体では

このちっぽけな命では

本当に一度きり。

その時にしかもう感じることのできない優しさ。

その瞬間にしか共有できない空気、呼吸。

その限られた短い時間でしか綴ることができない感情、言葉、音。
紡ぐことができない世界、歌、神聖な舞台上。

もう何やったって

どうあがいたって

あの世界に通じる扉は開くことはない。



だって時間は、人は動き続けるんだもの。

変化を続けてるのだから。

仕方ない、仕方ない。←ぁ


だからさ。

やっぱりもっと色んなものに出会って

触れてみたい。

我儘かな。

もっともっとアクションしたい。
強欲でもいいよ。だって仕方ない。

後悔はしたくないもんね。

自分がやるって決めて全力でできなかったら

それは後悔ですよ。一生背負う。

自分で壊した、大切な人たちの時間。それは自分の罪だから、自分で背負う。自分でしか背負えない。

色々なものを

色々な瞬間を

ひとかけらでもいい。

ひとかけらでも多く

自分のお墓の中まで持っていきたいな。

何一つもう、離さずにさ。

人間って、あー

本当に儚いから。

良いも悪いも関係ないわ!

全部なりふり構わず持ってくから!

来世が来ても、自分が消えても

ボクは、忘れない。

忘れるもんかばかぁあああああああああ!








さてさて、この間の舞台も無事終わりました。

とても良い経験をさせていただいたと思っています。

いっぱい学ぶことができたし

いっぱい忘れてたもの、なくしたものを思い出すことができた。

とても良い環境に恵まれたなぅ。もっと早く出会えていればよかった!

忘れたくない。

絶対忘れない!!

素敵な時間をどうもありがとう!
・・・伝わるといいな。




とりあえずだね、何が言いたいのかというと


itunesしっかりしろ!っていいたい←

はい。

そんな感じで。



あ、それから!

安藤裕子すごいハマったー!!


そんな感じで!>w<b
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/450-60e8c62b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。