--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月25日 04:34

ちっぽけなボクのこの手で何ができるだろう?

とても大きな闇を抱えた人に。

また傷つけてしまわないだろうか?

ボクは果たせるだけの力を持っているだろうか?

ボクの言葉は生きた、確かな音となって

届くだろうか?

色々怖いけど。

そうせずにはいられなかった。

力になりたいって思った。

それはとてもおこがましい考えなのかも知れない。

でも、大切な友人が悩んでいたら

やっぱり助けになりたいよ。

力不足でも。

微力でも。

ほんの少しだけでも。


黙って見過ごすなんて

放置してうわべだけなんて、ボクは嫌だっ。

もう失いたくない。

何一つ。

もう一度

騎士道の旗を立てる。

もう決して折れない旗を。


だって一人じゃない。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/331-22c6854c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。