--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッサン6-青の世界-

2008年11月21日 00:49

吐息も白くなり

ツンと張り詰めた大気

まだ緑を残した樹々が静かに

そう、静かに

何かを小声で囁きながら

優しい声で

ひっそりと佇む

そして

彼らの間に出来た空白を埋めるかのように

流れるように

風のメッセンジャーが軽やかなステップで通り抜ける

風はやがて仲間と

そして冬を越える鳥たちと合流し

建物の間の

まるで眠りについてしまったかのように静まり返った建物の間を自由に飛び

私たちの空白を縫うように無邪気に遊んで

狭い空にさよならを告げる

透明な翼を自在に操って

あの大きな

あの大きな雲を目指して

いや

彼らの目の先にあるのは

もっとその先

もともと目的地なんかはないのかも知れない

この空は

誰のものでもない

空白から解き放たれた

限りなく広がる青なのだから!


そうして旅人は

風からの便りを読んで

目を瞑る

静かに

澄み切った大気の中で
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/328-3bccac0a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。