--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒空夜間飛行

2008年02月02日 19:19

太陽も西の空へとさよならを告げ

白い月の照らす
青紫のグラデーションの空へ

ボクはまた車輪を転がして

風を感じる

寒さに鼻がツン、となりながらも

あなたがくれた優しい歌のメロディと一緒に

宙に浮いて
飛んでいるような錯覚に陥った

自転車ってやっぱり好きだなぁ

本当に宙を浮いて
低空で空を飛んでいるんだから

この空飛ぶ靴で

さぁ
今日はどこへ行こう?

瞳を閉じて
風を感じて

ツバメのように

届けたいものがある

それは
月に似て・・・






あなたの眠りを妨げる悲しみを

あなたを悩み苦しませる痛みを

あなたに降りかかる黒い影を

全て撃ち落とす強さが欲しい

あなたの笑顔を曇らせる全てのものから
あなたを守る

その手をとって
一緒に
片時も離れない

共に歩く日のために
ただ抱き締めて
あなたの心に静かに立つ
一本の大きな名もない樹であれたならいい


また怒られるかな?
喜んで受けるよ

今を
風を感じて飛んで
精一杯の力で
心で

あなたに笑顔を
安らぎを
全てを

届けたい
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/247-db598c17
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。