--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由の翼と音の靴

2008年01月17日 13:28

涙が止まらない

どうすれば本当の笑顔で

みんなを大切に

誰も傷つけずに

空気のように
月の光のように
太陽のひだまりのように

誰とも離れずに

光に
雨に
祖母のように
優しくあれるか

ずっと考えていた
深海の遥か闇まで落ちて行って
一人で泣いていた

昔そうしていたように
一人で

今思えば
自ら手を差し出していれば
明るみに連れて行ってもらえたのかも知れない

でも
誰かが傷つくのが恐かった

ボクがありのままを思うままに表現することで

誰かが悲しい気持ちになるのが恐かった

永い永い眠りに就いていた

永い永い夢を見ていたのかな

ボクは自由にしてもいいの?
浮かぶ雲のように

誰とも
他ならぬあなたと離れずに

ここまで築き上げてきたものを壊さずに

みんなの夢も
笑顔も
居場所も

全部壊さずに




ありがとう

ありがとうありがとう

涙が溢れる
止まらない

誰かが自分は無力だと言っていた

でもあなたはそれだけのことが
できるんだよ
それだけの力があるんだよ

守りたい

全てのキミに降りかかる全ての刃の雨から
歩き出す全てのキミを

ボクは
まるでないかの様に思っていた
自分の背中の白い翼を再び見つけた

大きな空に翼を広げ
音を奏でる靴を履いて

虹の橋を渡って

同じ船に乗って

どこまでも

永劫続く夢の終着点へ

もう何も恐れるものはない!

世界はくだらなくなんかない!

空が
こんなに遠くなって

世界は
また広くなった

覚悟ができた

飛びきりの笑顔で

全てを救おう!
一緒に!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/234-f32e08da
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。