--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the fortunate key

2008年01月13日 02:38

人は誰しも
悲しみを背負っている

その内に
少なからず悪魔を飼っている

影と共に歩んでいる

誰一人の例外もなく

その闇は
振り払おうとしても
自分の一部であるから引き離すことはできない

もし外側からペンライトほどの明かりでもって
闇を振り払おうとも

闇と
対になる光は牙を剥くだろう

それは当然の報い

ペンライトほどか弱い光で

海よりも深く
太陽よりも白く輝く

その存在にどうしようというのか

本当の太陽は

誰にも降り注ぎ

影をも優しく包み込む

もしそれが太陽であるならば

私は太陽になりたい

得体の知れない伸縮自在の無数の手ではなく

紛れもない
自然体そのままの私の姿で

みんなの太陽になるために
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/230-40e1c9b6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。