--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大楠

2007年04月09日 22:56

あなたの本当の顔は、一体どこにあるのか。

盲の目で、我らを睨みつける修羅の顔。

温かく、足元の小さな名もなき花を見つめる翁の顔。

無表情な笑みをこぼす、道化師の顔。

あなたは様々な顔を有している。

あなたは我らの何百倍も生きてきた。

長い歳月を経て、いくつもの顔に覆い隠された、真実の顔を探して。

太陽に救いを求めるかのような手。

大地の束縛を自ら課しているかのような足。

苦しみ、悲しみ、喜び、希望、絶望、はかなきもの。

そんなあなたも、全てを見てはいない。

生と死の繰り返し。完全なる無、虚。

我らはあなたから感じ取ることができるだろうか。

あなたはその背に、太陽の差し込む、虚を背負っていた。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. ラタトスク | URL | -

    うんうん、あの木の放つエネルギーや、色々な音に圧倒されてたから。。師匠が何を考えてたのか、全然わかんなかった。。ゴメン><。

    師匠に「どうしたの?」って聞かれたとき、こういうことを考えてたんだ・・・!

    あの大楠は、一つのモノ以外、全てを経験して、体現していたような気がする。
    屋久島の縄文杉とか、会ってみたくなったよ☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ydalir13.blog65.fc2.com/tb.php/133-ef213dcd
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。